退去する

フローリングの広い部屋

賃貸契約の契約期間中に、会社の異動命令などで転勤することになった場合には、別の場所に部屋を住むために現在借りている部屋を解約する必要があります。解約される場合に気を付けたいのが解約予告可能期間です。これは契約書に記載されています。大家さんにとってもいきなり賃貸契約を解約されるのは困るので、解約予定日の1ヶ月以上前に連絡することと記載されています。そのため来週引っ越すから解約ということができずその日から1か月後が最短での解約日となります。そうなると、新しく住むところの家賃と現在借りている部屋との家賃が重なって2重の家賃の支払いになってしまうことがありますので、退去する際は注意する必要があります。

賃貸契約している部屋を退去するのに解約の連絡をしたら、解約込書を記入します。これは不動産屋で記入したり、契約した時の書類についていたります。解約申込み書は、現在借りている賃貸物件の物件名や号数、そして転居先の住所と銀行口座を記入します。銀行口座を記入する理由は、敷金の返還があるからです。そして退去日までに引っ越し業者の手配と運ぶ荷物を梱包したりします。引っ越しが完了しましたら、借りていた部屋を空の状態で引き渡します。その時に立ち合いがあります。管理会社の方が引き渡しに立ち会うのですが、そのときに原状回復にどれくらいかかるかを見積もりします。自然劣化によるものであれば管理者負担ですが、過度な使用でこわれているものがあると入居者負担となります。